Jonouchi Kouyo's Blog

カテゴリ:設定

システム環境設定

  1. 言語とテキスト
    • 「言語」タブを選択
    • 「日本語」をドラッグして一番上に移動
    • 一度ログオフしてログイン
    • 並び替えリストに使う順序を「日本語」に設定
    • 「地域」タブを選択して「地域」を「日本」に設定
  2. トラックパッド
    • 「ポイントとクリック」タブを選択
    • 「タップでクリック」のチェックをON
    • 「3本指のドラッグ」のチェックをON
  3. Dock
    • 「サイズ」の値を小さくする
    • 「拡大」のチェックをONにし、バーの値を半分くらいに設定
    • 「Dockを自動的に隠す/表示」のチェックをON
  4. Mission Control
    • 「Dashboadを操作スペースとして表示」のチェッックをOFF
    • 「最新の使用状況に基づいて操作スペースを自動的に並び替える」をOFF
    • 「Mission Control」キーを「F12」に変更
    • 「アプリケーションウインドウ」のキーを「F10」に変更
    • 「デスクトップを表示」を「F11」に変更
  5. セキュリティとプライバシー
    • 「一般」のタブを選択
    • 「スリープ解除/スクリーンセーバ解除にパスワードを要求」のチェックをOFF
    • 「すべてのアプリケーションを許可」を選択
    • 「ファイアーウォール」のタブを選択
    • 「ファイアウォールを入にする」を選択
  6. Spotlight
    • 「検索結果」タブを選択
    • 「Spotlightウインドウのキーボードショートカット」のチェックをOFF
    • 「カテゴリ」から検索対象のチェックをOFF
  7. ディスプレイ
    • 「ディスプレイ」タブを選択
    • 「変更」を選択
    • 「スペースを拡大」を選択
  8. 省エネルギー
    • 「パッテリー」タブを選択
    • 「コンピュータのスリープ」を5分に設定
    • 「ディスプレイのスリープ」を3分に設定
    • 「電源アダプタ」タブを選択
    • 「コンピュータのスリープ」を10分に設定
    • 「ディスプレイのスリープ」を8分に設定
  9. キーボード
    • 「キーボード」のタブを選択
    • 「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」のチェックをON
    • 「修飾キー」ボタンを選択
    • 「Caps Lockキー」を「Control」に割り当て
    • 「キーボードショートカット」のタブを選択
    • 「すべてのコントロール」を選択
    • 「キーボードと文字入力」の一覧から「前の入力ソースを選択」のチェックをOFF
  10. ネットワーク
    • 「ネットワーク環境」をクリックし「ネットワーク環境を編集」を選択する
    • 「+」ボタンを押して自分のネットワーク環境を作成する
    • 「新しいネットワークに接続することを確認」のチェックをON
    • 「詳細設定」ボタンを選択
    • 「TCP/IP」タブで「IP6の構成」を「リンクコントロールのみ」に設定する
  11. 日付と時刻
    • 「時計」タブを選択
    • 「秒を表示」をチェック
    • 「24時間表示にする」をチェック
    • 「曜日を表示」をチェック
  12. アクセシビリティ
    • 「補助装置にアクセスできるようにする」のチェックをON

Spotlightの設定

  1. ターミナルを起動し以下のコマンドを実行
    • sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.metadata.mds.plist

Finderの隠しフォルダの表示

  1. ターミナルを起動し以下のコマンドを実行
    • chflags nohidden ~/Library

Finder環境設定

  1. 「一般」タブを選択
    • 「外部ディスク」「CD、DVD、およびiPod」「接続中のサーバ」のチェックをON
    • 「新規Finderウインドウで次を表示」にホームフォルダを設定
  2. 「サイドバー」タブを選択
    • 「マイファイル」「AirDrop」のチェックをOFF
    • 「ホームフォルダ」のチェックをON
  3. 「詳細」タブを選択
    • 「すべてのファイル名拡張子を表示」のチェックをON
    • 「ゴミ箱を空にする前に警告を表示」のチェックをOFF
    • 「確実にゴミ箱を空にする」のチェックをOFF
  4. メニューバーの「表示」を選択
    • 「パスバーを表示」のチェックをON
  5. Finderのウインドウを起動
    • Finder上でライブラリフォルダをサイドバーに追加する
    • 表示メニューから「表示オプションを表示」、表示順序をグリッドに沿うに設定
    • xml、txtの情報(⌘+i)を表示しMacVimに関連付け
    • 同様にmp4、flvをVLCに関連付け

ことえり環境設定

  1. 「入力文字」のタブを選択
    • 「JISキーボードの¥キーで入力する文字」を(バックスラッシュ)に変更
    • 「数字を全角で入力」のチェックをOFF
  2. 「デフォルトの半角設定」
    • defaultコマンドを使って、以下項目を常に半角に変更し、再度ログイン
    • defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add " " -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add '")"' -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add '"("' -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add '"!"' -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add '"#"' -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add '"$"' -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add '"%"' -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add '"&"' -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add "=" -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add "-" -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add "^" -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add "_" -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add "." -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add "," -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add "@" -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add ";" -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add ":" -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add '"<"' -bool no
      defaults write com.apple.inputmethod.Kotoeri zhsy -dict-add '">"' -bool no

AppleScript環境設定

  1. 「一般」タブを選択
    • 「メニューバーにスクリプトメニューを表示」のチェックをON

アプリケーションのインストール

  1. アプリケーションのダウンロード
    • Adobe Flash Player
    • Aegisub
    • AppCleaner
    • Bambooドライバ
    • Disk Inventory X
    • Dropbox
    • ffmpeg
    • brew install ffmpeg --with-fdk-aac --with-ffplay --with-freetype --with-frei0r --with-libass --with-libvo-aacenc --with-libvorbis --with-libvpx --with-opencore-amr --with-openjpeg --with-opus --with-rtmpdump --with-schroedinger --with-speex --with-theora --with-tools
    • Fire Alpaca
    • Google Chrome
    • Google 日本語入力
    • Homedrew
    • iTerm2
    • Java SE 6ランタイム
    • KeyRemap4MacBook
    • LibreOffice
    • MacTubes
    • MacVim
    • niconico-dl
    • Simple Commic
    • The Unarchiver
    • uTorrent
    • VirtualBox
    • VLC
    • V2C
    • XCode CommandLine Tool
    • XtraFinder
    • youtube-dl
    • 夜フクロウ

Terminalの設定

  1. ホームフォルダに「.bash_profile」ファイルを作成して以下を記入
    • if [ -f ~/.bashrc ] ; then
      . ~/.bashrc
      fi
  2. ホームフォルダに「.bashrc」ファイルを作成して以下を記入
    • # set editor mode vi
      set -o vi

      # set prompt
      export PS1="\u:\W $ "

      # set alias
      alias ls='ls -aFG'
      alias rm='rm -i'
      alias mv='mv -iv'
      alias cp='cp -iv'

      # open Application
      alias vl='open -a /Applications/VLC.app"'

      # check network connection
      alias net='ping -t 2 -o www.apple.com'

      # Command to toggle Wi-Fi
      alias wifion='sudo networksetup -setairportpower en0 on'
      alias wifioff='sudo networksetup -setairportpower en0 off'
      alias wifi='sudo networksetup -setairportpower en0 off; sudo networksetup -setairportpower en0 on'

MacVimの設定

  1. ホームフォルダに「.tmp」「.vim」フォルダを作成
    • mkdir ~/.tmp
      mkdir ~/.vim
  2. ターミナルを起動しホームフォルダに「.vimrc」を作成し以下を記入
    • "バックアップファイルの出力先
      set backupdir=~/.tmp

      "スワップファイル用の出力先
      set directory=~/.tmp

      "行番号を表示する
      set number

      "タブをスペースに変換しない
      set noexpandtab

      "タブを表示するときの幅
      set tabstop=2

      "タブを挿入するときの幅
      set shiftwidth=2

      "新しい行のインデントを現在行と同じにする
      set autoindent

      "新しい行を作った時に高度な自動インデントを行う
      set smarttab

      "検索パターンを入力中に入力途中のパターンにマッチする文字列を表示する
      set incsearch

      "閉括弧が入力された時、対応する括弧を強調する
      set showmatch

      "バックスペースで行頭の空白、改行、挿入モード開始位置より手前の文字を削除可能にする
      set backspace=indent,eol,start

      "入力途中のコマンドを右下に表示する
      set showcmd

      "長い行の文字を改行しない
      "set nowrap

      "IMを無効化
      set imdisable

      "変更中のファイルでも保存しないで他のファイルを表示する
      set hidden

      "クリップボードをWindowsと連携する
      set clipboard=unnamed

      "カーソル行をハイライト表示
      set cursorline

      "Kaoriyaのundoファイルを作成させない
      set noundofile

      set encoding=utf-8
      set fileencodings=ucs-bom,iso-2022-jp-3,iso-2022-jp,eucjp-ms,euc-jisx0213,euc-jp,sjis,cp932,utf-8

      "key map
      "-------------------------------
      "Ctrl-@をESCAPEに変換する(インプットモード)
      inoremap <C-@> <ESC>

      "検索結果のハイライトをEsc連打でクリアする(ノーマルモード)
      nnoremap <ESC><ESC> :nohlsearch<CR>

      "Ctrl-hjklを左下上右キーに変換する(インプットモード)
      imap <C-h> <LEFT>
      imap <C-j> <DOWN>
      imap <C-k> <UP>
      imap <C-l> <RIGHT>
  3. ホームフォルダに「.gvimrc」を作成し以下を記入
    • "透明度の設定
      set transparency=5

      "表示されるタブの設定 2:常に表示
      set showtabline=2

      "ツールバーを表示する
      set guioptions=T

      "縦幅と横幅を設定
      set lines=50
      set columns=100
  4. ターミナルで以下を実行
    • source .bash_profile

KeyRemap4MacBookの設定

  1. Change Key にて以下の項目にチェックをつける36
  2. 自分用のカスタマイズキーを追加(Customize My Key)31
    • <root>
        <appdef>
          <appname>CALC</appname>
          <equal>org.libreoffice.script</equal>
        </appdef>
        <appdef>
          <appname>VIRTUALMACHINE</appname>
          <equal>org.virtualbox.app.VirtualBoxVM</equal>
        </appdef>
        <list>
          <item>
            <name>Customize My Key</name>
            <list>
              <item>
                <name>Command+Space to Command+TAB</name>
                <appendix>(switch window)</appendix>
                <identifier>remap.command_space2command_tab</identifier>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::SPACE, VK_COMMAND, KeyCode::TAB, ModifierFlag::COMMAND_L</autogen>
              </item>
              <item>
                <name>Fn+Command_R to RightClick</name>
                <identifier>remap.fncommand_r_to_right_click</identifier>
                <autogen>__KeyToPointingButton__ KeyCode::COMMAND_R, ModifierFlag::FN, PointingButton::RIGHT</autogen>
              </item>
              <item>
                <name>Command+K to Control+TAB</name>
                <appendix>(Google Chrome/Safari only)</appendix>
                <identifier>remap.command_tab2control_tab</identifier>
                <only>GOOGLE_CHROME,SAFARI</only>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::K, VK_COMMAND, KeyCode::TAB, ModifierFlag::CONTROL_L</autogen>
              </item>
              <item>
                <name>KANA to Command_R</name>
                <appendix>(+ When you type KANA only, send KANA)</appendix>
                <appendix>(+ not perform VIRTUALMACHINE)</appendix>
                <identifier>remap.jis_kana2commandR_kana_not_virtualmachine</identifier>
                <not>VIRTUALMACHINE</not>
                <autogen>__KeyOverlaidModifier__ KeyCode::JIS_KANA, KeyCode::COMMAND_R, KeyCode::JIS_KANA</autogen>
              </item>
              <item>
                <name>Vi mode for Preview</name>
                <appendix>- Control+hjkl to Left/Down/Up/Right</appendix>
                <appendix>- Control+d to PageDown</appendix>
                <appendix>- Control+u to PageUp</appendix>
                <appendix>- Control+g to Home</appendix>
                <identifier>remap.vi_mode_for_my_app</identifier>
                <only>PREVIEW</only>
                <block>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::H, VK_CONTROL, KeyCode::CURSOR_LEFT</autogen>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::J, VK_CONTROL, KeyCode::CURSOR_DOWN</autogen>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::K, VK_CONTROL, KeyCode::CURSOR_UP</autogen>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::L, VK_CONTROL, KeyCode::CURSOR_RIGHT</autogen>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::D, VK_CONTROL, KeyCode::PAGEDOWN</autogen>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::U, VK_CONTROL, KeyCode::PAGEUP</autogen>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::G, VK_CONTROL, KeyCode::HOME</autogen>
                </block>
              </item>
              <item>
                <name>Libre Office Calc</name>
                <appendix>Libre Office Calc Enter</appendix>
                <identifier>remap.libre_office_calc_enter</identifier>
                <only>CALC</only>
                <block>
                <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::OPTION_L, VK_COMMAND, KeyCode::FN</autogen>
                </block>
              </item>
            </list>
          </item>
        </list>
      </root>

ショートカットの設定

  1. VLC
    • 「速く」「ゆっくり」を未設定に変更
    • 「少しだけ速く」に「Shift-⌘-;」「少しだけゆっくり」に「⌘--」

MacBook with Retinaに家で眠っていたWindowsのOffice2007をインストール。
以下そのときのメモ。
用意したもの
  • iMac (officeのイメージ化)
  • USBメモリ(1GB)
  • BootCamp環境(windows7)
1.Office2007をイメージ化
  • iMacにOffice2007のディスクを挿入し、ディスクユーティリティを起動する。
  • DVDドライブを選択して、メニューの「ファイル」>「新規」>「"DVDドライブ"からのディスクイメージ」を選択する。
  • イメージフォーマットを「DVD/CDマスター」を選択して、イメージファイルを保存する。
2.イメージファイルをUSBに記録
  • iMacから先ほど作成したイメージファイルをBootCampで起動したWindows7にコピーする。
  • 拡張子をcdrからisoに変更する。
  • ISO to USBを使ってUSBメモリに起動ディスクとして書き込む。
3.USBメモリからインストール
  • USBメモリを開きsetup.exeを実行してoffice2007をインストールする。
以上。

 
 office2007_excel
office2007_word

MacBook Pro Retina 13 を購入して喜んだのも束の間、ことあるごとにインターネット接続(Wi-Fi接続)がブツプツと切れる症状が発生し、原因がMacOSX Mountain Lion にあることが分かって非常にショックを受けました。

ネットに載っている方法を色々試してみたがいっこうに解決しない・・・。

ただ一つだけはっきりしたのは、BootCampでWindows7を起動しているときは一度も切断されたことはないということです。つまり、この問題はハードウェアではなくソフトウェアに原因があることが分かりました。

もうあれこれ迷うのは時間が勿体なかったので、下記のYouTubeに載っているようにWi-FiのカーネルをLeopard版にデグレードすることにしました。

Mac OS X Lion Wi-Fi Problems



※デグレードする前にTimeMachineでバックアップをとることをオススメします。
私の経験上、デグレードして動作が不安定になることはありませんでしたが、アップグレードするとまたプツプツ切れるみたいです。そしてその度にデグレード・・・。

しかし何度かTimeMachieから復元していると、デグレードしなくてもずっと繋がることに気がつきました。

詳しい原因はまだ分かりませんが、OSを再インストールすると直るケースがあるようです。でも、インストールし直しても切れるケースもあります。

ではどこで確認するか?
再インストールして、Wifiでネットに接続した後、1時間以内に接続が切れるかどうか確認してください。

ここで既に切れている場合は、正式パッチを当てない限り、また同じように切れると思います。
1時間以上接続しても切れていない場合、この先もつながり続けると思います。

全く説得力のない文章で申し訳ありませんが、これが私が見つけた解決方法です。 

このページのトップヘ